施工事例 事例その7

高崎市Mさん宅

家族構成夫婦+子供一人(4才) 敷地面積129坪 延べ床面積38坪

ウッディハウスを選んだ理由。

まず、お伝えしたい方がよいと思いますが、私は、なんでも納得いくまで調べてから購入するタイプなんですね(笑)。住まいに関しては最初はログハウスを考えていたのですが、調べれば調べるほど、メンテナンスや日本の四季への対応など心配事が多いことが分かりました。そんな時、フリーペーパーで群美さんの家を見つけて、さっそくホームページをチェックしました。しっかり情報が提供されていて、見やすく特長も分かりました。特にログではなく在来工法というところに、「この手があったのか!」と感心して、現物を見ることを決めました。見たら納得の一目惚れでした。

家選び、ここにこだわった!

こだわりというと、この家は、まず群美さんのこだわりが満載ですね(笑)。私がそこを気に入ったというのもありますが、第一に大屋根です。他の家とは明らかに違う佇まいがいいですよね!あとは、自分でメンテナンスやカスタマイズができること、家は長く付き合うものですから、「自分で何かができること」を非常にポイントに置いています。私の家選びは実に4年間も費やしたので、こだわりはすごいんですよ(笑)

選んで良かったこんなこと。

最初にお伝えしたいのは、群美さんの社員さんはじめ会長さんの男気というか心意気ですね。私もこだわりが強い方なので、いろいろお願いしたのですが、物事を損得だけで考えずに新しいことに前向きにチャレンジして頂けたことは本当に素晴らしいと思います。「この人達に任せておけば大丈夫だ!!」と確信できました。特に、断熱材をグラスウールではなく発泡ウレタンに変更したのですが、家の構造等もしっかり考慮して取り組んで頂けたので、安心してお任せすることができました。作る人が楽しみながら作って頂けたので、見ていて本当に安心できました。感謝感謝です。完成した家を見た時は感無量で一時間ほど、ボーっと眺めてしまいました(笑)

私たちの家は、ここがこだわり!

この家は、群美さんと私のこだわりが沢山詰まっています(笑)。先程も言いましたが、長く生活する家ですから「自分でメンテナンスができて、無理のない家」です。この家のように自然素材をふんだんに使用した場合、メンテナンスで心配する人もいると思いますが、私たちの家は、手の届かない高い部分の外壁はサイディングにしたり、キッチンやバスルームといった水回りには突板のフローリングを使用したり、無理なく快適に過ごせることも考えています。 また、仕様面では、一部屋和室を増やしたことと、収納が豊富なことです(これは会長さんのアイデアが満載です)。そうそう、リビング脇の和室を琉球畳にしました。私の最初のDIYとしては、ブランコですね(笑)"

満足している点について

一言で大満足です。これから、長く暮らす中でこの家がどう成長していくのか楽しみですね。これだけ、自然素材を使用しているのに嫌味を感じないんですよね。この家自体が自然なんですね。また、使用している木材もスウェーデンのパイン材など、本当に良い素材をつかって頂いているので、嬉しいですね。もう、どんな家を見ても心は動かないですよ!

ウッディハウスを検討している方へ。

私は、4年間に及ぶ住宅選びの中であらゆる雑誌やネットで研究しましたが、見れば見るほど、知れば知るほど、デザインこそちがえど仕様は同じような家ばかりだということに気づきました。その点、このウッディハウス群美さんの家は違いました。どこにもない、ここだけの家、そしてそれを自分だけの家に成長させられる、育てる家なんです。買って損はありません!その前にぜひ実物を見てください!!納得できるはずです。