住宅への考え方

『豊かな暮らし』ってなんだろう。

夢に描くような『我が家』を持ちたい・・・。そう思っている人なら必ずと言って良いほど耳にするのが『豊かな生活』や『豊かな暮らし』というキーワードではないでしょうか。でも、この『豊か』とは、何を指しているのでしょうか。その答えの一つをウッディハウスは示したいと考えています。確かに、最新の設備や快適装備、広々とした坪数で向かえる優雅な新生活は夢のようにも思います。でも、その豪華な家のローンのために仕事をしている人も少なくありません。折角、夢の新築を手に入れたのに、好きな趣味や家族旅行、仕事終わりの一杯...いろんな事を我慢して、やりたいことができない生活なんて、ちょっと寂しく思いませんか。

『自然素材に囲まれた、無理をしないちょうど良い家』。

木材等を自社で手配できるため、無理せずコストも抑えてあるので20代、30代から手が届きます。この家なら我慢せず、やりたいことを思い切りできる。一度しかない人生、ストレスがたまらない「木の家」で家族の笑顔を眺めながら過ごす、そんな心が豊かになる日々をウッディハウスは提供します。

『群美の木の家』のコンセプト

ログハウスと『どこ』が違うの?

ウッディハウス群美「木の家」の外観はログハウスそのものですが、設計は日本の風土に適した在来工法を採用しています。そのため、乾燥と荷重により材木が縮む「セトルダウン」の心配もなく、気軽に安心で健康快適な「木の家」を実現することができます。

外壁には荒挽き甲丸の外壁材を使用しています。荒挽き材はカンナ仕上げされている材木と比べて、約2~3倍の塗料を“のせる”ことができるため、表面の保護効果が格段に高くなります。また、甲丸の形状とも相まって、自然素材のやさしい質感をより引き出すことができます。